検索
  • Hiroaki Tamura

#5 豪雪地帯ニセコノイマ

みなさんこんにちは。


前回の#4ではまだ紅葉の景色でしたが、今回は12月になり冬本番に突入した「豪雪地帯ニセコノイマ」をお伝えします。


パウダースノーの聖地として知れ渡るスキーリゾート ニセコ。

極上のパウダースノーが広がるゲレンデには、多くのスキーヤーやスノーボーダーが集い、世界屈指のリゾートらしい華やかな雰囲気の中ウィンタースポーツを楽しんでいます。




さて、今回は雪が積もった冬のニセコの街を自転車で探検してみました。

使用した機材は、東洋フレームさんのE-MTB “AEB”という美しいクロモリの自転車です。






ニセコのメインストリート「ひらふ十字街」は少しずつ冬の景色に様変わりし、パウダースノーを求めてやってきたスキーヤーやスノーボーダー達で賑わってきました。





そんなニセコは12月から5月頃まで雪に閉ざされてしまいます。

(ということは、1年の半分は雪がある地域なんです。)




そして実は、この雪が溶ける2022年春、HOKKAIDO EVENTSは新たに「Niseko Gravel Spring Ride(仮)」の開催を予定しています。


スキーなどのウィンタースポーツと体の使い方が似ていることもあり、ウィンタースポーツ愛好者にも人気が出つつあるグラベルは、近ごろニセコでも少しずつ認知度が上がり、ちらほらとグラベリストを見かけるようになりました。


冬にウィンタースポーツ、夏にグラベルという組み合わせは、ニセコの四季折々の自然を感じる上で、最高の楽しみ方なのではないでしょうか。



ニセコでのグラベル文化がもっと浸透し、2021よりさらに多くの方にニセコグラベルを楽しんでいただけたら嬉しいです。


インスタグラムでは走行や風景の動画もアップしています。

そちらもチェックしてみてください。

閲覧数:142回0件のコメント

最新記事

すべて表示